ヴォネガット
並び順を変更[ おすすめ順 |価格順 |新着順 ]

450円(内税)

すべての生産手段が完璧に自動化され、すべての人間の運命がパンチ・カードによって決定される世界…現代文明の行方をブラックな笑いのうちにつづった傑作処女長篇。

700円(内税)

ヴォネガットが、たくまざるユーモアとシニカルなアイロニーに満ちたまなざしで、自伝の名を借りて描く、第二次世界大戦という時代の趨勢に弄ばれた一人の知識人の内なる肖像。

1,000円(内税)

再婚した前妻の家庭を訪れ、世界遍歴の土産話を自慢げに語る男を待ち受ける意外な落とし穴とは…。男の悲哀をユーモラスに描く表題作ほか、笑いと文明批判の精神に満ちた23篇を集めた短編集。

600円(内税)

人類滅亡の危機に瀕した時、ダーウィンの進化論で知られるガラパゴス諸島に漂着した人類とその子孫たちが、百万年を経て遂げた新たな進化とは。ヴォネガットが描く旧人類への挽歌。

600円(内税)

祖国の中性子爆弾によって、やがて滅びる運命にある街で、奇人・変人・普通人たちがコミカルに織りなす人間模様を描く、主人公ルディの父オットーは、いかにして若き画家アドルフ・ヒトラーと親友になったのか…涙と笑いの感動作。

700円(内税)

ヴォネガットの70年代最初の作品、彼のヘタウマなイラストが魅力的。作者自身が小説の中に登場してキルゴア・トラウトと対面し、創造主として彼を振り回す等、従来の小説の常識を破る作品。

600円(内税)

十六人の生命を賭けて共産ゲリラの隊長とチェスをさすアメリカ人大佐の苦悩を描く「王様の馬がみんな…」など、ヴォネガットの多彩な魅力を結集した傑作短篇集。

700円(内税)

孤独という病。それを救うために大統領は人間に新たなミドルネームをつけ、同じミドルネームを持った人はみなファミリーであると定めた、まさにヴォネガット的荒唐無稽なドタバタコメディ。

700円(内税)

著者自身のイラストで彩られた本書は、ヴォネガットの憤りを含んだ言葉と、彼の愛すべきアメリカや人類すべてへ向けた優しい文章が詰まっています。
前のページ | 次のページ