半分は表紙が目的だった〜100冊のペーパーバックスにアメリカを読む〜 ・片岡義男
販売価格

1,400円(内税)

SOLD OUT

・アメリカのペーパーバックスは買いやすく、眺めて楽しい。読むか読まないかはさておいて、新しいものを見つけるたびに買いつづけたのは、色とりどりの表紙が目的だ。山と積まれたペーパーバックスの中から、ひとまず“ポケット・ブック”というシリーズを選びだし、写真に撮りたい本を並べてみる。すると、1940年代から1960年代半ばまでに出版されたものばかりになった。奴隷に生まれた黒人の自伝。若きケネディのベストセラー。ベイブ・ルースの伝記。ハードボイルドや西部劇小説。ジョーク集。コミックスやカートゥーン…。多種多様な100冊を、一冊ずつ手に取りながら、約半世紀前のアメリカ文化を読みとく、ペーパーバックスの展覧会。

出版社:晶文社
発行年:2000年初版
状 態:帯なし 良い、ただしページ天・小口・地にシミ多数あり。 
サイズ:単行本ソフトカバー 18.5x12.5cm

この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける