ありきたりの狂気の物語 ・チャールズ・ブコウスキー 青野聰訳
販売価格

1,000円(内税)

SOLD OUT

強烈な露悪。マシンガンのようなB級小説の文体。アンダーグラウンドの一作家だったブコウスキーの小説は、世紀末の日本で、熱い支持者を得た。人も獣も入り乱れ、目もくらむ終結を迎える「狂った生きもの」、酔いどれの私がこともあろうに結婚式の付添人を務める「禅式結婚式」など、前作「町でいちばんの美女」を凌駕する過激な世界が詰め込まれた短編集。


出版社:新潮社
発行年:1995年初版
状 態:帯なし 良い
サイズ:単行本ハードカバー 19cmx13.5cm 363ページ

この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける